研究業績

  1. Home
  2. 研究業績
  3. 学会リスト

学会リスト

2017年

日本膜学会第39年会@早稲田大学西早稲田キャンパス63号館(2017年5月26-27日)

  • ○島内寿徳, 笠井昭良, 木村幸敬 「アミロイド形成によるチューブ構造の誘導」, 1C-8, 東京(2017)
  • ○福間早紀, 島内寿徳, 木村幸敬 「鋳型効果を誘導するタンパク質の膜配向特性の評価」, P-44S, 東京(2017)
  • ○藤原敬, 島内寿徳, 木村幸敬 「リポソーム膜を反応場とする交差アルドール反応の制御」, P-46S, 東京(2017)
  • ○笠井昭良, 島内寿徳, 木村幸敬 「アミロイドを用いた新規なウイルスベクター法の開発」, P-63S, 東京(2017)

分離技術会年会2017@明治大学理工学部生田キャンパス(2017年5月26-27日)

  • ○島内寿徳, 近藤明広, 廣田大地, 木村幸敬 「マイクロキャピラリーによる亜臨界水乳化に基づくナノエマルション形成」, S8-P6, 神奈川(2017)
  • ○廣田大地, 吉田政文, 島内寿徳, 木村幸敬 「Polymer-in-oil ナノエマルションによるセルロース-リグニン系圧力成形物の表面改質」, S8-P8, 神奈川(2017)

化工学会第82年会@芝浦工業大学豊洲キャンパス(2017年3月6-8日)

  • ○島内寿徳, 岡村早百合, 木村幸敬 「タンパク質の脂質膜への蓄積に及ぼす膜揺らぎの影響」, E124, 東京(2017)
  • ○福間早紀, 島内寿徳, 木村幸敬 「ベシクルのソフト界面を用いたポリアニリン重合の高度制御」, PC205, 東京(2017)
  • ○島内寿徳, 清水真穂, 木村幸敬「速度論的解析によるアミロイドβタンパク質の過飽和の評価」, E316, 東京(2017)
  • ○島内寿徳, 白髭勇季, 木村幸敬 「脂質平面膜上でのリゾチウムの会合特性と結晶化」, E317, 東京(2017)

2016年

膜シンポジウム2016@関西大学100周年記念会館(2016年12月1-2日)

  • ○北川裕貴, 島内寿徳, 木村幸敬 「リポソームを反応場とする Horner-Wadsworth-Emmons反応」, P-8S, 大阪(2016)
  • ○大塚万里奈, 島内寿徳, 木村幸敬 「金属錯体の2次元相分離ダイナミクスに基づくポリ乳酸重合反応の制御」, P-9S, 大阪(2016)
  • ○岡村早百合, 島内寿徳, 木村幸敬「リポソーム膜へのアミロイドβタンパク質の蓄積挙動に及ぼす膜揺らぎの影響」, P-10S, 大阪(2016)
  • ○岩本楓, 島内寿徳, 木村幸敬 「高分子の修飾によるベシクル界面の水和構造の制御」, P-11S, 大阪(2016)
  • ○田中幹大, 島内寿徳, 木村幸敬「脂質膜上における抗菌ペプチドの会合特性に関する速度論的・分子論的解析」, P-12S, 大阪(2016)

第35回溶媒抽出討論会@産業技術総合研究所つくばセンター(2016年11月28-29日)

  • ○島内寿徳, 近藤明広, 木村幸敬 「亜臨界水条件とマイクロキャピラリーを組み合わせたO/Wエマルション形成過程の検討」, B-07, 茨城(2016)
  • ○島内寿徳, 山本健太, 藤岡沙都子, 寺坂宏一, 木村幸敬 「マイクロキャピラリー内の液液スラグ流による水/有機二相系の分離場特性の解析」, P-33, 茨城(2016)
  • ○山本健太, 島内寿徳, 木村幸敬「スラグ流での物質移動特性に及ぼす界面ゆらぎの影響」, P-39, 茨城(2016)

化学工学会第48回秋季大会@徳島大学常三島キャンパス(2016年9月6-8日)

  • ○島内寿徳, 白髭勇季, 木村幸敬 「リポソーム膜の動的界面を利用するリゾチウム結晶化制御」, SY-85, 徳島(2016)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 木村幸敬 「縦方向揺らぎと横方向揺らぎに基づく脂質膜界面の動的構造の評価」,
    SY-87, 徳島(2016)

The 10th Conference of Aseanian Membrane Society (AMS10)@Nara Kasugano International Forum IRAKA, Nara, Japan (Jul 26-29, 2016)

  • ○Toshinori Shimanouchi, Yuki Takahashi, Yukitaka Kimura “Effect of Hydration Property of Vesicles on Metallocatalytic Reduction Reaction of 5-Hydroxymethylfurfural to 2,5-Dimethylfuran”, PO1-013, Nara(2016)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Marina Ohtsuka, Yukitaka Kimura “Poly(Lactic Acid) Polymerization on Liposomes Embedding Tin Octanoic Acid”, PO1-029, Nara(2016)
  • ○Saki Fukuma, Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura “Template Effect of Vesicular Membranes for Polyaniline Polymerization”, PO1-043, Nara(2016)
  • ○Maho Shimizu, Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura “Effect of Liposome Membranes on Cu(U)-Mediated Growth of Amyloidgenic Proteins from Alzheimer’s Disease”, PO3-016, Nara(2016)
  • ○Yuuki Shirahige, Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura “Phase Analysis on Liposome-Mediated Crystallization of Lysozyme”, PO3-025, Nara(2016)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Miki Iwamura, Yukitaka Kimura “Template Effect of Lipid Planar Membrane for Accumulation Pattern of Amyloid β Protein”, PO3-036, Nara(2016)
  • Mikio Tnaka, Akiyoshi Kasai, ○Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura “Design of Novel Membrane Process Using Peptide-Mediated Networking of Liposome System”, PO3-101, Nara(2016)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Shintaro Deguchi, Miki Iwamura, Yukitaka Kimura “Hydration Property of Polymer-Based Membranes for Control of Anomaly Accumulation of Amyloidgenic Proteins”, PO4-031, Nara(2016)
  • Kaede Iwamoto, ○Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura “Preparation of Polymer-Liposome Complex and Its Surface Properties”, PO4-064, Nara(2016)

分離技術会年会2016@日本大学生産工学部津田沼キャンパス39号館(2016年5月27-28日)

  • ○島内寿徳, 山本健太, 木村幸敬, 藤岡沙都子, 寺坂宏一 「マイクロキャピラリー内のスラグ流を反応場とするフルクトース水熱反応」, S4-6, 千葉(2016)
  • 白髭勇季, ○島内寿徳, 木村幸敬 「リポソーム添加によるタンパク質リゾチウムの結晶化に及ぼす影響」, S5-6, 千葉(2016)
  • ○川崎英典, 島内寿徳, 木村幸敬 「凍結乾燥固体からの効率的な水分離手法の開発」, S6-1, 千葉(2016)
  • ○島内寿徳, 出口幸司, 北川裕貴, 木村幸敬 「プロセス化学的アプローチのためのリポソーム複合化触媒材料の開発〜5-ヒドロキシメチルフルフラール酸化反応〜」, S8-P11, 千葉(2016)

日本膜学会第38年会@早稲田大学西早稲田キャンパス63号館(2016年5月10-11日)

  • ○島内寿徳, 佐野泰洋, 秋山央子, 平林義雄, 木村幸敬 「アミロイドの形態に及ぼす糖修飾脂質の分子認識能の影響」, 2C-3, 東京(2016)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 高井まどか, 木村幸敬 「横方向揺らぎ/縦方向揺らぎのカップリングによるタンパク質の界面蓄積制御」, P-63, 東京(2016)
  • ○岡村早百合, 島内寿徳, 木村幸敬 「水晶振動子と脂質膜の揺らぎ解析に基づくアミロイド性タンパク質の蓄積特性の評価」, P-64S, 東京(2016)

化学工学会第81年会@関西大学千里山キャンパス(2016年3月13-15日)

  • 島内寿徳, ○吉田政文, 木村幸敬 「疎水性高分子含有ナノエマルションによるセルロース/リグニン系圧力成形物の表面改質特性」, ZAP219, 大阪(2016)
  • ○島内寿徳, 佐野泰洋, 木村幸敬 「アミロイドの形態に及ぼす糖修飾脂質の影響」, F204, 大阪(2016)
  • ○白髭勇季, 島内寿徳, 木村幸敬 「リゾチウム結晶化に及ぼす脂質膜の効果に関する相図解析」, ZAA346, 大阪(2016)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 高井まどか, 木村幸敬 「PMPCポリマーのアミロイド形成抑制効果」, H321, 大阪(2016)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 水口智晴, 斎藤博幸, 木村幸敬 「アポリポタンパク質A-Tの脂質膜への結合とアミロイド形成への影響」, H325, 大阪(2016)

2015年

Pacifichem2015@Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA (Dec 15-20, 2015)

  • ○Miki Iwamura, Toshinori Shimanouchi, Satoka Aoyagi, Yukitaka Kimura“Relationship of accumulation pattern of amyloid β protein on lipid planar membrane with fibril morphology”, BIOL664, Hawaii (2015)
  • Toshinori Shimanouchi, ○Saki Fukuma, Peter Walde, Yukitaka Kimura “Coupling of polyaniline polymerization on giant vesicles with membrane fluctuation”, BIOL775, Hawaii (2015)
  • Toshinori Shimanouchi, ○Mikio Tanaka, Peter Walde, Dieter Seebach, Yukitaka Kimura “Effect of cell-penetrating peptides on interactions between liposomal membranes”, BIOL830, Hawaii (2015)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Miki Iwamura, Yasuhiro Sano, Yukitaka Kimura“Development of detection system of amyloid β peptide from Alzheimer's disease using lipid membranes: A quartz crystal microbalance method”, BIOL1364, Hawaii (2015)
  • ○Yuki Takahashi, Koji Deguchi, Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura“Preparation of metal catalyst-liposome complex for oxidation reaction”, ENRG374, Hawaii (2015)

化学工学会中国四国支部・関西支部合同支部大会 大学院生発表会@岡山大学津島キャンパス(2015年12月12日)

  • ○岩本楓, 島内寿徳, 木村幸敬 「リポソームの水和特性に及ぼす高分子被覆効果」, A13, 岡山(2015)
  • ○近藤明広, 島内寿徳. 木村幸敬 「グリセロール添加効果に基づく亜臨界水乳化機構の検討」, B13, 岡山(2015)

膜シンポジウム2015@神戸大学百年記念館(2015年11月25-26日)

  • ○橋勇貴, 島内寿徳, 木村幸敬 「バイオマス由来分子の変換反応のためのリポソーム/金属触媒複合体の調製」, P-14S, 神戸(2015)
  • ○田中幹大, 島内寿徳, 木村幸敬 「抗菌ペプチドβ-アルギニンの膜配向性特性と膜間相互作用の誘導」, P-15S, 神戸(2015)
  • ○福間早紀, 島内寿徳, 木村幸敬 「ベシクル膜上におけるポリアニリンの重合反応による膜ダイナミクスの解析」, P-16S, 神戸(2015)

化学工学会第47回秋季大会@北海道大学札幌キャンパス(2015年9月9-11日)

  • ○清水真穂, 島内寿徳, 木村幸敬 「アミロイド阻害剤探索に向けたバイオマスライブラリー構築」, SE-1, 北海道(2015)
  • ○島内寿徳, 福間早紀, Walde Peter, 木村幸敬 「ポリアニリン重合反応制御のためのベシクルの膜界面揺らぎの評価」, SE-12, 北海道(2015)
  • ○白髭勇季, 島内寿徳, 木村幸敬 「タンパク質リゾチウムの自己集積化へのpH効果に関する相図解析」, SE-17, 北海道(2015)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 木村幸敬 「アミロイド性タンパク質の界面集積と線維形成に及ぼすポリマー界面の影響」, SY-14, 北海道(2015)

分離技術会年会2015@明治大学生田キャンパス(2015年5月29-30日)

  • ○山本健太, 島内寿徳, 木村幸敬 「スラグ流での物質の拡散特性に及ぼす界面ゆらぎの影響」, S4-P2, 神奈川(2015)
  • ○島内寿徳, 清水真穂, 島康平, 木村幸敬 「不純物効果に基づくアミロイド阻害剤探索に向けたバイオマスライブラリー構築」, S5-7, 神奈川(2015)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 木村幸敬 「アミロイドβタンパク質の迅速検出素子としての脂質膜探索」, S8-1, 神奈川(2015)
  • ○島内寿徳, 星島沙緒理, 木村幸敬 「湿潤バイオマスの土壌機能化利用における菌叢解析」, S8-P8, 神奈川(2015)

日本膜学会第37年会@早稲田大学西早稲田キャンパス63号館(2015年5月14-15日)

  • ○島内寿徳, 出口幸司, 橋勇貴, 木村幸敬 「脂質-金属触媒複合体によるアルコール酸化反応の評価」,1B-2 ,東京 (2015)
  • ○福間早紀, 島内寿徳, 木村幸敬 「膜揺らぎとのカップリングによる脂質膜界面でのポリアニリン重合反応の制御」, P-49S, 東京(2015)
  • ○岩村美樹, 島内寿徳, 秋山央子, 平林義雄, 木村幸敬 「細胞抽出脂質を用いたアミロイドβタンパク質の蓄積特性と線維形成挙動の評価」, P-71S, 東京(2015)

化学工学会第80年会@芝浦工業大学豊洲キャンパス(2015年3月19-21日)

  • ○島内寿徳, 白髭勇季, 木村幸敬 「タンパク質リゾチウムにおける結晶化条件とアミロイド形成条件の比較」, F313, 東京(2015)
  • ○岩村美樹, 島内寿徳, 秋山央子, 平林義雄, 木村幸敬 「アミロイドβタンパク質の脂質平面膜への蓄積特性と線維形成挙動の評価」, XA162, 東京(2015)
  • ○金子誉幸, 島内寿徳, 楊圩, 木村幸敬 「バイオマスの亜臨界水プロセッシングのためのセルロース初期分解機構の評価」, YA119, 東京(2015)
  • ○楊圩, 島内寿徳, 木村幸敬 「山核桃殻の亜臨界水処理後の残渣と液体生成物の燃料特性に及ぼすpHの影響」, YA137, 東京(2015)
  • ○橋勇貴, 島内寿徳, 出口幸司, 木村幸敬 「リポソームと金属の複合触媒の調製と反応特性の評価」, XB253, 東京(2015)

このページの先頭へ

2014年

化学工学会中国四国支部 大学院生発表会@広島RCC文化センター(2014年12月5日)

  • 島内寿徳, ○佐野泰洋, 岩村美樹, 秋山央子, 平林義雄, 木村幸敬 「アミロイド性タンパク質の線維性凝集構造に及ぼす脂質膜界面の影響」, C04, 広島(2014)

膜シンポジウム2014@神戸大学百年記念館(2014年11月26-27日)

  • ○島内寿徳, 出口幸司, 木村幸敬 「ベシクル膜と金属触媒の複合材料による5-ヒドロキシメチルフルフラール酸化反応」, 205, 神戸(2014)
  • 島内寿徳, ○佐野泰洋, 岩村美樹, 秋山央子, 平林義雄, 木村幸敬 「アミロイド形成に及ぼすコレステロールの糖修飾効果」, P-46S, 神戸(2014)
  • 島内寿徳, ○岩村美樹, 木村幸敬 「アミロイドβタンパク質の脂質膜への分配挙動に及ぼす界面物性の影響」, P-47S, 神戸(2014)

2014 The 2nd Asia-Pacific Conference on Life Science and Engineering@Taipei, Taiwan (Nov 21-23, 2014)

  • ○Wei Yang, Toshinori Shimanouchi, Mikio Tanaka, Takayuki Kaneko, Saki Fukuma, Kenta Yamamoto, Maho Shimizu, Kaede Iwamoto, Yuki Shirahige, Yukitaka Kimura “Improvement of the Fuel Properties of Japanese Cypress through Wet and Dry Torrefaction”, Poster Session, Taipei(2014)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Houng Thi Vu, Hiroshi Umakoshi, Yukitaka Kimura“Relationship of Fibril Growth Behavior of Amyloidgenic Proteins with Their Intra-molecular Hydrogen Bonding Stability”, Oral Session, Taipei(2014)

分離技術国際会議 ICSST14 @奈良県新公会堂(2014年10月30日-11月1日)

  • ○Toshinori SHIMANOUCHI, Kohei TAKASHIMA, Miki IWAMURA, Yukitaka KIMURA "Impurity Effect of Furfural Derivatives on Amyloid Fibril Formation of Protein from Alzheimer's Disease", Oral Session CO-01, Nara(2014)
  • ○Wei YANG, Toshinori SHIMANOUCHI, Yukitaka KIMURA "Degradation Mechanism and Structure Change of Microcrystalline Cellulose in Subcritical Water", Poster Session FP-12, Nara(2014)
  • ○Toshinori Shimanouchi, Koji Deguchi, Yuki Takahashi, Yukitaka Kimura "Liposome-Assisted Catalytic Molecular Conversion of 5-Hydroxymethylfurfural", Poster Session GP-27, Nara(2014)
  • Toshinori SHIMANOUCHI, ○Miki IWAMURA, Yukitaka KIMURA "Accumulation Behavior of Amyloid Protein on Lipid Planar Membrane", Poster Session HP-06, Nara(2014)

2nd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering@Hamburg, Germany (Sep 24-27, 2014)

  • ○Toshinori Shimanouchi, Tatsuya Tanifuji, Yoshitaka Kataoka, Shohei Ueno, Satoko Fujioka, Koichi Terasaka, Yukitaka Kimura. "Use of Liquid-Liquid Slug Flow in Micro Capillary for Reaction and Separation of Furfral Derivative under Subcritical Water",Proc. 2nd Int'l. Symp.Multscale Multiphase Process Engineering, 198-203 (2014)

化学工学会第46回秋季大会@九州大学伊都キャンパス (2014年9月17-19日)

  • ○Yang Wei, 島内 寿徳, 木村 幸敬 「亜臨界水による結晶性セルロースの分解挙動と構造変化」, S-36, 福岡(2014)

Joint Congress of ACTS-2014 and CGOM11@Nara Japan, Nara Kokaido (July 17-20, 2014)

  • ○Toshinori Shimanouchi, Miki Iwamura, Yukitaka Kimura."Nucleation of Amyloid Fibrils on Lipid Planar Membranes", PA-19, Nara(2014)

Symposium on Development of Liposome Engineering@Hiroshima Japan, Hiroshima International Hotel (July 12, 2014)

  • ○Toshinori Shimanouchi, Yukitaka Kimura."Engineering Science of Molecular Assemblies for Eco-Friendly Molecular Conversion and Separation Systems", p.12, Hiroshima(2014)

分離技術会年会2014@名古屋大学東山キャンパス(2014年5月30-31日)

  • ○Wei Yang, 島内寿徳, 木村幸敬 「Preparation of solid fuels from biomass using wet torrefaction」, S4-P1, 名古屋(2014)
  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 木村幸敬, 青柳里果 「異常集積の抑制を目指したタンパク質の脂質膜界面への蓄積挙動の評価」, S7-2, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○岩村美樹, 木村幸敬 「脂質膜上におけるアミロイドβタンパク質の線維形成挙動」, S7-P2, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○近藤明広, 丹下高志, 木村幸敬 「亜臨界水乳化によるナノエマルション形成:界面活性剤や有機相の影響」, S7-P6, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○神庭朋也, 丹下高志, 木村幸敬 「木質バイオマスの亜臨界水抽出と撥水性界面形成への応用」, S4-P9, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○金子誉幸, 間野遼太, 木村幸敬 「木質バイオマスの亜臨界水プロセッシングのための二糖類分解機構の解明」, S4-P10, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○橋勇貴, 出口幸司, 木村幸敬 「金属触媒による2,5-ジメチルフラン合成に及ぼす脂質膜の影響」, S7-P12, 名古屋(2014)
  • 島内寿徳, ○星島沙緒理, 木村幸敬 「菌叢制御による腐敗抑制を目指した土壌機能化」, S7-P14, 名古屋(2014)

化学工学会第79年会@岐阜大学(2014年3月18-20日)

  • ○島内寿徳, 岩村美樹, 木村幸敬 「脂質平面膜上におけるアミロイド性タンパク質の核形成挙動」, H321, 岐阜(2014)
  • ○伊勢陽一郎, 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬 「マイクロ流路内乳化によるナノエマルションの調製」, SA1P57, 岐阜(2014)
  • ○Wei Yang, 島内寿徳, 木村幸敬 「Temperature effect on wet torrefaction of biomasses for preparation of solid fuels」, SA1P64, 岐阜(2014)

第16回化学工学会学生発表会(堺大会)@大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス(2014年3月1日)

  • 島内寿徳, ○島康平, 楊圩, 木村幸敬 「アミロイド線維の伸長挙動に対するバイオマス由来フルフラール誘導体の影響」, J115, 大阪(2014)
  • 島内寿徳, ○谷藤達哉, 藤岡沙都子, 寺坂宏一, 木村幸敬 「有用物質ヒドロキシメチルフルフラールの高温高圧条件下での抽出〜スラグ流の利用〜」, K110, 大阪(2014)
  • 島内寿徳, ○間野遼太, 木村幸敬 「誘導期に基づく亜臨界水による二糖類分解特性の評価」, L113, 大阪(2014)

このページの先頭へ

2013年

2013年度化学工学会中国四国支部大会(大学院生発表会)@山口大学工学部(2013年12月13日)

  • ○星島沙緒理, 島内寿徳, 木村幸敬 「食品残渣の発酵飼料化のための匂いと菌叢のモニタリング」, A12, 山口(2013)

第15回関西表面技術フォーラム@岡山大学 創立50周年記念館 (2013年11月28-29日)

  • ○福田剛大, 小野努 「IL部位を有したシランカップリング剤によるPDMS表面処理技術の構築」, P23, 岡山(2013)

第22回ポリマー材料フォーラム@東京, タワーホール船堀(2013年11月28-29日)

  • ○岸本和久, 北中萌恵, 木村幸敬, 渡邉貴一, 小野努 「マイクロ流体デバイスを用いたステレオコンプレックス型ポリ乳酸系ファイバーの調製」, 1PC44, 東京(2013)
  • ○猶洋一郎, 小野努, 木村幸敬 「ポリアスパラギン酸誘導体によるイオノゲルの調製」, 1PC08, 東京(2013)

第32回溶媒抽出討論会@名古屋大学(2013年11月22-23日)

  • 島内寿徳, ○丹下高志, 木村幸敬 「デカン/水系における亜臨界水乳化に及ぼす界面活性剤の影響」, P-24, 名古屋(2013)
  • 島内寿徳, ○神庭朋也, 丹下高志, 木村幸敬 「撥水性界面形成のための木質バイオマスの亜臨界水抽出」, P-35, 名古屋(2013)
  • ○島内寿徳, 片岡良孝, 木村幸敬 「メチルイソブチルケトン/水二相系を利用した5-ヒドロキシメチルフルフラールの反応抽出:高温高圧条件とスラグ流の影響」, P-39, 名古屋(2013)

第21回プラスチック成形加工学会秋季大会@倉敷市芸文館(2013年11月7-8日)

  • 神庭朋也, 丹下高志, 島内寿徳, ○木村幸敬 「木質バイオマス成分から圧縮成形で調製した薄板の表面特性」, 倉敷(2013)

第128回 表面技術 講演大会@福岡工業大学(2013年9月24-25日)

  • ○福田剛大, 小野努 「イオン液体を用いたマイクロ流路表面処理技術の構築」, 24E-03, 福岡(2013)

化学工学会第45回秋季大会@岡山大学津島キャンパス(2013年9月16-18日)

  • ○Yang Wei, 島内寿徳, 木村幸敬 「湿式焙焼による山核桃の皮からのバイオオイルおよび残渣収率に及ぼすpHの効果」, 研究発表講演プログラム集, C320, 岡山(2013)
  • 島内寿徳, ○神庭朋也, 木村幸敬 「リグニン/セルロース系ウッドプラスチック材料の表面特性の解析」, 研究発表講演プログラム集, C326, 岡山(2013)
  • ○岸本和久, 北中萌恵, 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬 「マイクロ流体デバイスを用いたステレオコンプレックス型PEG-PLAファイバーの調製」, 研究発表講演プログラム集, E218, 岡山(2013)
  • ○曽我卓矢, 小野努, 木村幸敬 「マイクロリアクター内でのスラグ流を利用した乳化重合プロセスの開発」, 研究発表講演プログラム集, E302, 岡山(2013)
  • ○島内寿徳, ウェイ ヨウ, 木村幸敬 「アミロイド形成に及ぼすフルフラール誘導体の影響」, 研究発表講演プログラム集, T108, 岡山(2013)
  • ○猶洋一郎, 小野努, 木村幸敬 「イオン液体部位を側鎖にもつグラフト型高分子の合成とゲル材料への展開」, 研究発表講演プログラム集, U309, 岡山(2013)
  • 島内寿徳, ○出口幸司, 木村幸敬 「2,5-フランジカルボン酸合成反応に及ぼす不均一脂質組成リポソームの影響」, 研究発表講演プログラム集, ZE2P10, 岡山(2013)

2013 International Environmental Engineering Conference & Annual Meeting of the Korean Society of Environmental Engineers@Republic of Korea, Seoul, COEX (June 11-13, 2013)

  • ○Wei YANG, Toshinori SHIMANOUCHI, Yukitaka KIMURA, “Characterization of Hydrochar Prepared by Hydrothermal Carbonization of Peels of Carya Cathayensis Sarg”, Poster Session, IPS8-05, p62(English ver.), Seoul (2013)
  • ○Toshinori SHIMANOUCHI, Shohei UENO, Wei YANG, Yukitaka KIMURA, “Extraction of Reducing Sugar with Anti-Oxidative Scavengers from Peels of Carya Cathayenisis Sarg : Use of Subcritical Water”, Poster Session, IPS8-09, p71(English ver.), Seoul (2013)

分離技術会年会2013@日本大学生産工学部(2013年5月24-25日)

  • 島内寿徳, ○高谷勇輝, 馬越大「アミロイド性タンパク質Ab分子の識別分離のためのリポソーム膜界面の設計」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-3, 千葉(2013)
  • ○島内寿徳, 片岡良孝, 木村幸敬 「高温高圧条件下における水/有機二相系を用いたバイオマス由来5-ヒドロキシメチルフルフラールの連続分離」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P2, 千葉(2013)
  • 島内寿徳, ○江原知佐, 木村幸敬 「反応分離を指向する固体塩基性触媒を用いた廃グリセリンからの乳酸生成」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P5, 千葉(2013)
  • ○島内寿徳, 木村幸敬 「亜臨界水を利用する木質バイオマスの処理プロセス」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P12, 千葉(2013)
  • 島内寿徳, ○神庭朋也, 丹下高志, 木村幸敬 「高温高圧水によるバイオマスからのリグニン/セルロースの分離とウッドプラスチック化」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P13, 千葉(2013)
  • 島内寿徳, ○近藤明広, 木村幸敬 「亜臨界水処理リポソームの膜特性評価」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P14, 千葉(2013)
  • 島内寿徳, ○出口幸司, 木村幸敬 「5-ヒドロキシメチルフルフラールの触媒的酸化反応に対する脂質膜の影響」, 技術・研究発表講演要旨集, S8-P18, 千葉(2013)

日本膜学会第35年会@早稲田大学(2013年5月20-21日)

  • 島内寿徳, ○近藤明広, 奥村舟, 木村幸敬 「高温・高圧条件下におけるリポソーム膜特性評価と応答挙動」, 日本膜学会第35年会講演要旨集, P-49S, 東京(2013)
  • 島内寿徳, ○出口幸司, 木村幸敬 「白金担持触媒・リポソーム複合体の調製と酸化反応への応用」, 日本膜学会第35年会講演要旨集, P-50S, 東京(2013)
  • ○島内寿徳, 木村幸敬 「アミロイド形成に及ぼすヒドロキシメチルフルフラールの影響」, 日本膜学会第35年会講演要旨集, P-51S, 東京(2013)

化学工学会第78年会@大阪大学 (2013年3月17-19日)

  • ○猪岡徹也, 渡邉貴一, 木村幸敬, 小野努「逆ミセルへの可溶化を利用した水溶性物質内封ポリ乳酸ナノ粒子の調製」, 化学工学会第78回年会要旨集, E103, 大阪 (2013)
  • ○平田健人, 小野努, 木村幸敬 「単分散ゲル粒子および液滴内における大腸菌培養とタンパク質発現」, 化学工学会第78回年会要旨集, L205, 大阪 (2013)
  • ○福田剛大, 小野努, 木村幸敬 「イオン液体を利用したマイクロ流路表面処理技術の構築」, 化学工学会第78回年会要旨集, O304, 大阪 (2013)
  • ○片岡良孝, 島内寿徳, 木村幸敬 「高温高圧下での5-ヒドロキシメチルフルフラール連続生産への抽出溶媒添加効果に関する考察」, 化学工学会第78回年会要旨集, D117, 大阪 (2013)

第15回化学工学会学生発表会北九州大会(2013年3月2日)

  • ○恒吉俊彦, 谷昌彦, 木村幸敬, 小野努「無電解めっき法による金属/高分子ハイブリッド微粒子材料の調製」第15回化学工学学生発表会北九州大会研究発表講演要旨集, O09, 福岡(2013)

このページの先頭へ

2012年

化学工学会中国四国支部大会高松大会@サンポートホール高松(2012年12月6-7日)

  • 奥村舟, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, デキストラン誘導体を用いた金属イオン架橋型高分子ゲルの調製と評価, 化学工学会中国四国支部大会高松大会講演要旨集, C112(P62), 高松(2012)
  • 猶洋一郎, Muhammad Moniruzzaman, 小野努, 木村幸敬, 高分子界面活性剤被覆酵素の調製及びイオン液体反応系における活性評価, 化学工学会中国四国支部大会高松大会講演要旨集, B105(P30), 高松(2012)
  • 上野翔平, 小野努, 木村幸敬, 亜臨界水中でのグリセリンから乳酸への転換反応に関する考察, 化学工学会中国四国支部大会高松大会講演要旨集, A101(P1), 高松(2012)

第17回高分子ミクロスフェア討論会@東北大学(2012年11月7-9日)

  • 谷昌彦, 木村幸敬, 小野努「マイクロカプセル内でのハイドロゲルの収縮挙動」, 第17回高分子ミクロスフェア討論会28B, 仙台(2012)
  • 曽我卓矢, 木村幸敬, 小野努「マイクロリアクターを用いた乳化重合プロセスの開発」, 第17回高分子ミクロスフェア討論会10B, 仙台(2012)

化学工学会第44回秋季大会@東北大学(2012年9月19-21日)

  • 岸本和久, 北中萌恵, 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬「マイクロ湿式紡糸プロセスを用いたポリスチレンファイバーの形状制御」, 第44回化学工学会秋季大会, I307, 仙台(2012)
  • 伊勢陽一郎, 小野努, 木村幸敬「Flow-focus型マイクロ流路内乳化と溶媒拡散法を利用した微細エマルションの調製」, 第44回化学工学会秋季大会, I303, 仙台(2012)

第25回化学とマイクロ・ナノシステム研究会@崇城大学(2012年5月17-18日)

  • 安川政宏, 小野努, 木村幸敬 「Microfluidicsを利用したヒドロゲルカプセル新規調製法の開発」, 25th CHEMINAS講演要旨集, 2P22, 熊本 (2012)
  • 伊勢陽一郎, 小野努, 木村幸敬「マイクロ流路内乳化と溶媒拡散法を利用した微細エマルションの調整」,第25回化学とマイクロ・ナノシステム研究会講演予稿集, 3P07, 熊本(2012)

化学工学会 第77年回@工学院大学(2012年3月15-17日)

  • 加藤貴士, 小野努, 木村幸敬「ポリコハク酸イミド微粒子への架橋反応を利用したマイクロカプセル調整」,化学工学会第77会年会要旨集, L121, 東京(2012)
  • 眞殿慧子, 小野努, 木村幸敬, 今中洋行「ポリスチレン付着ペプチドを利用したタンパク質固定化微粒子の調製」, 化学工学会第77回年会要旨集, K202, 東京 (2012)
  • 高田圭吾, 小野努, 木村幸敬「亜臨界水乳化法とlayer-by-layer法を利用したナノカプセルの調製」, 化学工学会第77回年会要旨集, H203, 東京 (2012)

第14回化学工学会学生発表会 宇部大会@宇部高等専門学校 (2012年3月3日)

  • 奥村舟, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, 金属イオン架橋型高分子ゲルの調製と評価, 第14回化学工学会学生発表会 【宇部大会 (西日本地区)】研究発表講演要旨集, O14, 宇部(2012)
  • 岸本和久, 北中萌恵, 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬, マイクロ流体デバイスを用いたポリアクリロニトリルファイバーの調製, 第14回化学工学会学生発表会【宇部大会 (西日本地区)】研究発表講演要旨集, P13, 宇部(2012)

12th International Conference On Microreaction Technology@Lyon, France (2012年2月20-22日)

  • ONO Tsutomu, WATANABE Takaichi, KIMURA Yukitaka, Fabrication of monodisperse polylactide microspheres with tunable morphology by solvent diffusion, Oral Session, Lyon (France), 2012
  • ONO Tsutomu, YAGIURA Kumiko, KIMURA Yukitaka, Control of size and crystalline polymorph of lysozyme using microfluidic crystallization, Poster Session, Lyon (France), 2012

このページの先頭へ

2011年

第4回化学工学会3支部合同福井大会@ホテルフジタ (2011年12月8-9日)

  • 木村幸敬, 亜臨界水を用いた木質バイオマスの有効利用, 第4回化学工学会3支部合同福井大会講演要旨集, P31(B209), 福井(2011)
  • Muhammad Moniruzzaman, Tsutomu Ono, Hiroshi Kanzaki, Kenji Okada, “Ionic Liquid Based Enzymatic Delignification of Wood Biomass: A New Environmentally Friendly Approach for Isolating of Cellulose Fibers” B215, pp. 34, Fukui (2011)(oral)
  • 猪岡徹也, 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬, 混合有機溶媒を用いた水溶性薬物内封ポリ乳酸ナノ粒子の調製, 第4回化学工学会3支部合同福井大会講演要旨集, P155(P115), 福井(2011)
  • 平田健人, 鷲尾直紀, 小野努, 木村幸敬, 単分散ゲル粒子および液滴内における微生物溶菌技術の開発, 第4回化学工学会3支部合同福井大会講演要旨集, P132(P92), 福井(2011)
  • 上野翔平, 仕田原一起, 小野努, 木村幸敬, 亜臨界水を用いた流通型反応器でのグリセリンからの乳酸の生産, 第4回化学工学会3支部合同福井大会講演要旨集, P148(P108), 福井(2011)

第20回ポリマー材料フォーラム@タワーホール船堀 (2011年11月24-25日)

  • 安川 政宏, 小野 努, 藤江 史子, 岡本 英子,ダブルネットワーク構造を有する単分散マイクロゲル粒子の調製と機械的強度の評価,  第20回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 1PC26 (P90), 1CP26, 東京 (2011)
  • 平田征丈, 小野努, 木村幸敬, 界面制御ラジカル重合を利用したポリスチレンカプセル調製, 第20回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 1PC20 (P84), 1CP20, 東京 (2011)

2011 AIChE Annual Meeting@Minneapolis, MN, USA (Oct. 16-21, 2011)

  • Muhammad Moniruzzaman, Tsutomu Ono, Hiroshi Kanzaki, Kenji Okada, “Ionic Liquid Pretreatment of Wood Biomass Leading to Enhanced Enzymatic Delignification” paper 274e (oral)

第60回高分子討論会@岡山 (2011年9月28-30日)

  • 加藤貴士,小野努,木村幸敬,コア-シェル型ポリコハク酸イミド微粒子を用いたマイクロカプセル調製,1N16,岡山 (2011)
  • 関晃洋,小野努,木村幸敬,マイクロバブルを利用した中空マイクロカプセルの調製,1N17,岡山 (2011)
  • 谷昌彦,安川政宏,小野努,木村幸敬,ハイドロゲル粒子を芯物質とした鈴型構造を有する粒子の調製,1N19,岡山(2011)

化学工学会第43回秋季大会@名古屋 (2011年9月14-16日)

  • 谷昌彦, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, ハイドロゲル内包マイクロカプセルの膜形成機構に及ぼす因子の検討, 第43回化学工学会秋季大会B113, 名古屋(2011)
  • 柳浦功実子, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, マイクロ流路を用いた単分散液滴内での晶析挙動, 第43回化学工学会秋季大会X318, 名古屋(2011)
  • 吉岡優, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, 亜臨界水によるスクロースの分解に及ぼす高pHの影響,  第43回化学工学会秋季大会XD321, 名古屋(2011)

The Annual Meeting & Exposition of Controlled Release Society@Maryland, USA (Jul. 30 - Aug. 3, 2011)

  • Takaichi Watanabe, Tsutomu Ono, Yukitaka Kimura, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, and Isao Sakata, Facile Preparation of Water-Insoluble Photosensitizer-Loaded Polylactide Nanoparticles for Photodynamic Therapy, Poster Session #799, Maryland (USA), 2011

Particles 2011@Berlin (Jul. 9-12, 2011)

  • Masahiro Yasukawa, Tsutomu Ono and Yukitaka Kimura, Monodisperse hydrogel capsules prepared by W/W/O emulsion, Poster Session P1-19, p52, Berlin(Germany), 2011
  • Tsutomu Ono, Takashi Doi, Keisuke Tomita, and Yukitaka Kimura, Functional hairy particles prepared by dispersion copolymerization with polyaspartate macromonomer, Poster Session P1-40, p67, Berlin(Germany), 2011

化学工学会 第76年会 (2011年3月22-24日)

  • 仕田原一起,吉岡優,安川政宏,小野努,木村幸敬,アルカリ添加した亜臨界水中での糖と糖アルコールからの物質変換反応の速度論的解析,化学工学会 第76年会,D113, 東京 (2011)
  • 伊東一行,小野努,木村幸敬,マイクロ流路を利用した複合乳化技術による巨大リポソームの調製,化学工学会 第76年会,H109, 東京 (2011)
  • 北中萌恵,渡邉貴一,小野努,木村幸敬,二重管型マイクロノズルを用いたナノファイバーの湿式紡糸プロセスの開発,化学工学会 第76年会,H120, 東京 (2011)

第13回化学工学会学生発表会 神戸大会@神戸大学工学部 (2011年3月5日)

  • 谷昌彦,安川政宏,小野努,木村幸敬,ハイドロゲル粒子を芯物質としたマイクロカプセルの調製に関する検討,第13回化学工学会学生発表会(神戸大会),J05, 神戸 (2011)
  • 釜井雄司,安川政宏,小野努,木村幸敬,生分解性高分子を用いた新規水性二相系の設計と構築,第13回化学工学会学生発表会(神戸大会),I12, 神戸 (2011)

第22回高分子ゲル研究討論会@東京大学 山上会館 (2011年1月12-13日)

  • 安川政宏,小野努,木村幸敬,水相をコアテンプレートとした新規ヒドロゲルカプセル調製法の開発,第22回高分子ゲル研究討論会,P101, 東京 (2011)

このページの先頭へ

2010年

材料化学システム工学討論会@京都 (2010年12月4-5日)

  • 眞殿慧子,小野努,木村幸敬,タンパク質を安定化剤として用いた単分散ポリスチレン微粒子の調製,材料化学システム工学討論会2010講演要旨集,p,32,京都 (2010)
  • 富久翔太,小野努,木村幸敬,制御ラジカル重合を用いた両親媒性TEMPO誘導体の合成,材料化学システム工学討論会2010講演要旨集,p,33,京都 (2010)

第19回ポリマー材料フォーラム@名古屋 (2010年12月2-3日)

  • 渡邉貴一,小野努,木村幸敬,単分散ポリ乳酸系微粒子およびカプセルの連続調製プロセスの開発,第19回ポリマー材料フォーラム講演予稿集,1PC16,名古屋 (2010)
  • 北中萌恵,渡邉貴一,小野努,木村幸敬,ポリ乳酸系ナノファイバー調製を目的とした湿式プロセスの開発,第19回ポリマー材料フォーラム講演予稿集,1PC34,名古屋 (2010)
  • 加藤貴士,小野努,木村幸敬,ポリコハク酸イミドを用いた生分解性コアシェル粒子の調製,第19回ポリマー材料フォーラム講演予稿集,1PC19,名古屋 (2010)

第16回高分子ミクロスフェア討論会@福井 (2010年11月9−11日)

  • 渡邉貴一,小野努,木村幸敬,単分散ポリ乳酸系微粒子およびカプセルの連続調製プロセスの開発,19A,福井 (2010)
  • 安川政宏,小野努,木村幸敬,W/W/O型複合エマルションをテンプレートとしたヒドロゲルカプセル調製の試み,20A,福井 (2010)

第3回化学工学3支部合同徳島大会@徳島 (2010年10月23−24日)

  • 深井宏記,小野努,木村幸敬,ポリアスパラギン酸誘導体を用いた複合コアセルベーションによるカプセル調製,第3回化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集,G103,徳島 (2010)
  • W.Yang,A.Fukuda,(Reg.)T.Ono,(Reg.)Y.Kimura,Effect of low pH on the decomposition ratio sucrose, fructose and glucose in subcritical water,第3回化学工学3支部合同徳島大会講演要旨集,G119,徳島 (2010)

5th World Congress on Emulsions @Lyon(France) (Oct. 12-14, 2010)

  • Masahiro Yasukawa, Tsutomu Ono and Yukitaka Kimura, Monodisperse W/W/O Double Emulsion Produced by a Microfluidic Device, 5th EDITION ABSTRACTS BOOK, P41 (1.2/73), Lyon (France) (2010)
  • Tsutomu Ono, Fabrication of a “Jetting” Emulsification Microdevice for Monodisperse Emulsion Production, 5th EDITION ABSTRACTS BOOK, P42 (1.2/139), Lyon (France) (2010)

ゲルワークショップ@奈井江 (2010年9月17−18日)

  • 安川政宏,小野努,木村幸敬,W/W/O型複合エマルションを利用したヒドロゲルカプセル調製,P.16,奈井江 (2010)

第59回高分子討論会@北海道 (2010年9月15-17日)

  • 渡邉貴一,小野努,木村幸敬,単分散ポリ乳酸ミクロスフェアの調製と形態制御,高分子学会予稿集,1Pf132,北海道 (2010)
  • 安川政宏,小野努,木村幸敬,マイクロ流体デバイスと液-液相分離を利用した単分散ゲルカプセル調製,高分子学会予稿集,2J12,北海道 (2010)
  • 北中萌恵,渡邉貴一,小野努,木村幸敬,溶媒拡散法を用いたポリ乳酸系ナノファイバーの調製,高分子学会予稿集,3Y03,北海道 (2010)

第4回中四国若手CE合宿@倉敷 (2010年9月10-11日)

  • 安川政宏, Microfluidicsを利用したゲル材料の調製, 第4回中四国若手CE合宿要旨集<特別講演B>,倉敷 (2010)

化学工学会 第42回秋季大会@京都 (2010年9月6-8日)

  • 関晃洋, 小野努, 木村幸敬, 加圧減圧法を利用した中空マイクロカプセルの調製条件に関する検討, 化学工学会 第42会秋季大会要旨集, G118, 京都 (2010)
  • 高田圭吾, 小野努, 木村幸敬, 亜臨界水を利用した複合コアセルべーション法によるナノカプセル調製, 化学工学会 第42回秋季大会, K124,京都 (2010)

第1回 岡山地区高分子懇話会@テクノサポート岡山 (2010年7月1日)

  • 木村幸敬, 亜臨界水を用いた低利用資源からの有用成分の抽出, 招待講演, 岡山 (2010)

第38回APHSセミナー 先進微粒子ハンドリング科学@岡山 (2010年6月26日)

  • Tsutomu Ono, Monodisperse Emulsions: Processing and Applications (2010)

第26回日本DDS学会学術集会@大阪国際交流センター (2010年6月17-18日)

  • 河野裕允, 白石太朗, 大河原賢一, 木村聰城郎, 渡邉貴一, 小野努, 檜垣和孝, パクリタキセル内封ナノ粒子製剤の調製及びその体内動態特性の評価, 第26回日本DDS学会学術集会, 2-B-19 大阪 (2010)

第20回光線力学学会@福井 (2010年6月12-13日)

  • 小野努,渡邉貴一,白石太朗,大河原賢一,檜垣和孝,阪田功, 光増感剤内風ポリ乳酸ナノ粒子を用いた光線力学的治療による抗腫瘍効果,第20回日本光線力学学会学術講演会, GL-U-44,福井 (2010)

日本薬学会 第130年会@岡山 (2010年3月28-30日)

  • 白石太朗,大河原賢一,木村聰城郎,檜垣和孝,小野努,木村幸敬, ポルフィリン封入ポリ乳酸−ポリエチレングリコール共重合体ナノ粒子の体内動態特性とPDTによる抗腫瘍効果の評価, 日本薬学会 第130年会, 岡山 (2010)

化学工学会 第75回年会@鹿児島大学 (2010年3月18-20日)

  • 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬, 溶媒拡散法による単分散PLAミクロスフェアの調製, 化学工学会 第75年会要旨集, L125, 鹿児島 (2010)
  • 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, マイクロ流体デバイスと光重合を利用した単分散ゲル粒子調製に関する検討, 化学工学会 第75年会要旨集, L204, 鹿児島 (2010)
  • 伊東一行, 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, マイクロ流路を利用した単分散複合エマルション調製における制御因子の検討, 化学工学会 第75年会要旨集, J124, 鹿児島 (2010)

IMRET 11th (International conference on Microreaction Technology)@Kyoto (Mar. 8-10, 2010)

  • Masahiro Yasukawa, Tsutomu Ono, and Yukitaka Kimura, Controllable Monodisperse W/W/O Emulsions by One-Step Emulsification in a Microfluidic Device (2010)
  • Tsutomu Ono, Jun Kubota and Hidekazu Yoshizawa, A Microreactor for Producing Monodisperse Nanoemulsion Using Phase Inversion Temperature (PIT) Method (2010)

第12回化学工学学生発表会@九州大学 (2010年3月6日)

  • 福田彩香, 小野努, 木村幸敬, 亜臨界水中でのスクロースの分解速度にpHが与える影響, 化学工学会主催 第12回化学工学会 学生発表会【岡山大会(西日本地区)】, 研究発表講演要旨集, 福岡 (2010)
  • 加藤貴士,小野努,木村幸敬,液中乾燥法によるポリコハク酸イミドをコアとしたコアシェル粒子の調製,化学工学会主催 第12回化学工学会 学生発表会 【岡山大会 (西日本地区)】,研究発表講演要旨集,福岡 (2010)

このページの先頭へ

2009年

材料化学システム工学討論会@東京大学 (2009年12月6-7日)

  • 小野努,廣田健,木村幸敬,白石太郎,大河原賢一,光線力学的治療に有効なポリ乳酸系ナノ粒子の開発, 材料化学システム工学討論会2009, 19, 東京 (2009)
  • 渡邉貴一, 村中誠, 小野努, 木村幸敬, 液中乾燥法によるポリ乳酸系多孔質ミクロスフェアの調製と構造制御に関する検討, 材料化学システム工学討論会2009, P11, 東京 (2009)
  • 平田征丈, 大浦浩平, 小野努, 木村幸敬, 界面制御ラジカル重合を活用した高分子微粒子の調製, 材料化学システム工学討論会2009, P12, 東京 (2009)

第18回ポリマー材料フォーラム@タワーホール船堀 (2009年11月26-27日)

  • 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, 水性二相系を利用したW/W/Oエマルションの調製とゲルカプセルへの応用, 第18回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 1PC03 (P75), 東京 (2009)
  • 岩渕草太郎, 久野優子, 久保田潤, 小野努, 木村幸敬, 転相温度乳化法を利用した単分散ナノスフェア調製プロセスの開発, 第18回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 1PC15 (P87), 東京 (2009)
  • 渡邉貴一, 村中誠, 小野努, 木村幸敬, ポリ乳酸系ジブロック共重合体を用いた多孔質微粒子の調製とその構造制御, 第18回ポリマー材料フォーラム講演予稿集, 1PC18 (P90), 東京 (2009)

第2回化学工学3支部合同北九州大会 (2009年10月30-31日)

  • 平田征丈, 小野努, 木村幸敬, 界面活性TEMPO誘導体を用いた中空構造をもつ高分子微粒子の調製, 第2回化学工学3支部合同北九州大会要旨集, B202, 北九州 (2009)
  • 岸佑磨, 小野努, 木村幸敬, 生分解性高分子界面活性剤を用いた有機溶媒中へのDNA抽出, 第2回化学工学3支部合同北九州大会要旨集, B203, 北九州 (2009)

第61回日本生物工学会大会@名古屋大学 (2009年9月23-25日)

  • 鷲尾直紀, 小野努, 木村幸敬, ハイスループットスクリーニングを目的とした単分散ゲル粒子内での大腸菌培養, 第61回日本生物工学会大会講演要旨集, 2lp11, 名古屋 (2009)

化学工学会第41回秋季大会@広島大学 (2009年9月16-18日)

  • 渡邉貴一, 村中誠, 小野努, 木村幸敬, ポリ乳酸系ジブロックコポリマーを用いた多孔質ミクロスフェアの調製とその構造制御, 化学工学会 第41回秋季大会要旨集, I302広島 (2009)
  • 土井尭, 冨田恵介, 小野努, 木村幸敬, ポリコハク酸イミド誘導体マクロモノマーを用いた分散共重合による温度応答性ヘア粒子の調製, 化学工学会 第41回秋季大会要旨集, I216広島 (2009)
  • 吉田圭志, 神尾英治, 小野努, 木村幸敬, 単分散な架橋メラミンサブミリカプセルの調製と膜厚制御に関する検討, 化学工学会 第41回秋季大会要旨集, I301広島 (2009)

化学工学会第74年会@横浜国立大学 (2009年3月18-20日)

  • 大浦浩平, 久保田潤, 小野努, 木村幸敬, 界面活性TEMPO誘導体を用いた不均一系重合による高分子微粒子調製, 化学工学会第74年会講演要旨集, H105, 横浜 (2009)

第11回化学工学会 学生発表会@岡山大学 (2009年3月7日)

  • 鷲尾直紀, 小野努, 木村幸敬, 単分散ゲル粒子内での大腸菌の増殖挙動, 化学工学会主催 第11回化学工学会 学生発表会【岡山大会(西日本地区)】, 研究発表講演要旨集 p63, 岡山 (2009)
  • 渡邉貴一, 小野努, 木村幸敬, 液中乾燥法によるポリ乳酸ミクロスフェアの調製とその形態制御, 化学工学会主催 第11回化学工学会 学生発表会【岡山大会(西日本地区)】, 研究発表講演要旨集 p36, 岡山 (2009)

高分子材料開発のための俯瞰的シンポジウム@京都大学 (2009年1月13-14日)

  • 安川政宏, 小野努, 木村幸敬, 神尾英治, 水溶性高分子による相分離を利用した複合エマルションの調製, 化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム, 要旨集p27, 京都 (2009)
  • 廣田健、村中誠、小野努、木村幸敬、白石太朗、大河原賢一、檜垣和孝、木村聰城郎、ポルフィリン内封ナノ粒子の開発と光線力学的治療への応用、化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム、要旨集p36、京都 (2009)
  • 小野努*,米村慧,吉澤秀和,神尾英治、界面への競合吸着を利用した巨大孔を有する架橋メラミンマイクロカプセルの調製、化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム、京都 (2009)

日本光線力学学会@横浜 (2009年7月4日)

  • 小野 努,廣田 健,木村 幸敬,白石 太朗,大河原 賢一,檜垣 和孝,阪田 功, 光線力学的治療に有効な光増感剤内封ナノ粒子の開発 (2009)

Particles2009 Micro and Nano Encapsulation@Berlin (Jul. 11-14, 2009)

  • Tsutomu Ono, Ken Hirota, Taro Shiraishi, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, and Isao Sakata, Preparation Of Nano Particles Containning Photosensitizer With Diblock Copolymer (2009)

第5回マイクロカプセル研究会@東京 (2009年7月17日)

  • 小野努,高度界面制御による巨大孔を有するマイクロカプセルの調製 (2009)

Iternational Symposium on Advanced Particles 2009@Yokohama (Apr. 26-29, 2009)

  • T. Ono and K. Tomita, Dispersion Copolymerization of Styrene with Polyaspartate Macromonomer (2009)

このページの先頭へ

2008年

第15回高分子ミクロスフェア討論会@神戸(2008年11月12-14日)

  • 安川政宏, 神尾英治, 小野努, 水性二相系を利用したW/W/Oエマルションの調製, 第15回高分子ミクロスフェア討論会講演要旨集, 15A, 神戸 (2008)
  • 大浦浩平, 久保田潤, 小野努, 界面活性 TEMPO 誘導体を利用した不均一系重合, 第 15 回高分子ミクロスフェア討論会講演要旨集, 30A, 神戸 (2008)

化学工学会第40回秋季大会@仙台(2008年9月24-26日)

  • 安川政宏, 神尾英治, 小野努, 水性二相系を利用したW/W/Oエマルションの調製, 化学工学会第40回秋季大会講演要旨集, P201, 仙台 (2008)
  • 廣田健, 村中誠, 小野努, 阪田功, 光線力学的治療に有効なポルフィリン内封ナノ粒子の開発, 化学工学会第40回秋季大会講演要旨集, O207, 仙台 (2008)

第61回コロイドおよび界面化学討論会@福岡(2008年9月7-9日)

  • 冨田恵介, 小野努, マクロモノマー分散共重合による単分散ヘア粒子の調製, 第61回コロイドおよび界面化学討論会, 3C13, 福岡 (2008)
  • 村中誠, 小野努, 分散重合における単分散ポリラクチドミクロスフェアの粒径制御, 第61回コロイドおよび界面化学討論会, 2C10, 福岡 (2008)

第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会@熊本

  • 冨田恵介, ポリアスパラギン酸ナトリウム鎖を表面に持つヘア粒子の調製と評価, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 6, 熊本 (2008)
  • 村中誠, 単分散ポリラクチドミクロスフェアの調製における高分子分散剤の構造制御, 第19回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 5, 熊本 (2008)

48th Microsymposium of PMM@Prague (Jul. 20-24, 2008)

  • Keisuke Tomita, Tsutomu Ono, Preparation of polymeric particles with poly(aspartic acid) hairy chains, 48th Microsymposium of Prague Meetings on macromolecules, PC45, Prague, Czech Republic (2008)
  • Makoto Muranaka, Tsutomu Ono, Design of polymeric dispersion stabilizer for preparation of monodisperse polylactide microspheres, 48th Microsymposium of Prague Meetings on macromolecules, PC52, Prague, Czech Republic (2008)

第2回中四国若手CEコロキウム@徳島

  • 村中誠, 単分散ポリ乳酸ミクロスフェアの創製への挑戦, 第2回中四国若手CEコロキウム要旨集, 4-5, 徳島, (2008)

日本化学会第88春季年会@立教大学(2008年3月26-30日)

  • 久保田潤, 大浦浩平, 小野努, 田中秀雄, 親水性基を有する水溶性 TEMPO 誘導体の合成及びスチレンの不均相重合への応用, 日本化学会第88春季年会, 4PC-031, 東京 (2008)

化学工学会第73年会@静岡大学(2008年3月17-19日)

  • 冨田恵介, 小野努, 縮合系マクロモノマーを用いた分散共重合による機能性微粒子の調製と評価, 化学工学会第73年会講演要旨集, P120, 静岡 (2008)
  • 村中誠, 小野努, 分散重合法におけるポリ乳酸ミクロスフェアの単分散化機構の解明, 化学工学会第73年会講演要旨集, P119, 静岡 (2008)
  • 中島拓朗, 小野努, 環境低負荷型分散重合により調製した微粒子表面上の残留分散安定剤の評価, 化学工学会第73年会講演要旨集, P122, 静岡 (2008)
  • 大浦浩平, 久保田潤, 小野努, (岡山大院自)田中秀雄, 界面活性能を有するTEMPO誘導体の合成及び不均相重合への応用, 化学工学会第73年会講演要旨集, P108, 静岡 (2008)
  • 久野優子, 久保田潤, 小野努, 転相温度乳化法を適用したミニエマルション重合による高分子ナノ粒子の調製, 化学工学会第73年会講演要旨集, P118, 静岡 (2008)
  • 杉田直輝, 谷元史明, 小野努, 主鎖末端に疎水基を導入した温度応答性ポリアスパラギン酸誘導体の会合特性, 化学工学会第73年会講演要旨集, P121, 静岡 (2008)
  • 米村慧, 神尾英治, 小野努, 架橋メラミンマイクロカプセル膜形成に及ぼす界面活性剤の電荷の影響, 化学工学会第73年会講演要旨集, O308, 静岡 (2008)
  • 天野陽介, 小野努, マイクロリアクターで調製した単分散ゲル粒子中での無細胞タンパク質合成, 化学工学会第73年会講演要旨集, J313, 静岡 (2008)

第10回化学工学会学生発表会@関西大学(2008年3月7日)

  • 宇留嶋創, 小野努, 無乳化共重合による機能性単分散微粒子の調製, 化学工学会学生発表会要旨集, L 22, 大阪 (2008)

高分子材料のための俯瞰的シンポジウム@東京(2008年1月10-11日)

  • 冨田恵介, 小野努, 末端にビニル基を導入した縮合系マクロモノマーの合成と微粒子調製への応用, 化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム, 16, 東京 (2008)
  • 村中誠, 小野努, 単分散ポリ乳酸ミクロスフェアの調製における高分子分散剤の分子設計, 化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム, 東京 (2008)

このページの先頭へ

2007年

The 10 th Pacific Polymer Conference@Kobe

  • Makoto Muranaka, Tsutomu Ono, Preparation of monodisperse biodegradable polymeric microspheres by anionic dispersion polymerization using the polymeric stabilizer with hydroxyl groups, The 10 th Pacific Polymer Conference, 6P1S6-039a, Kobe (2007)

日本化学会西日本大会@岡山

  • 冨田恵介, 小野努, ポリアスパラギン酸ナトリウムを主鎖に持つマクロモノマーを用いた高分子微粒子の調製, 2007年日本化学会西日本大会講演要旨集, 1PB-75, 岡山 (2007)

高分子討論会@名古屋

  • 村中誠, 小野努, 水酸基を有する高分子安定剤を用いたアニオン分散重合による単分散ポリ(D,L-乳酸)ミクロスフェアの調製, 第56回高分子学会予稿集, 3Z10, 名古屋 (2007)

化工秋季大会@札幌

  • 神尾英治, 吉澤 秀和, 小野努, 向流型double channelマイクロミキサーの混合特性に及ぼす流路構造の影響, 化学工学会第39回秋季大会講演要旨集, S218, 札幌 (2007)
  • 清家雄,神尾英治,吉澤秀和,小野努,スラグ流を利用した硝酸銀水溶液によるDHA-Et抽出に関する動力学的検討,化学工学会第39回秋季大会講演要旨集,22P019,札幌 (2007)

化学工学会第72年会@京都

  • 神尾英治,小野努,吉澤秀和,超微細加工技術を利用した金属基盤マイクロミキサーの開発,化学工学会第72年会講演要旨集,R203,京都 (2007)
  • 村中誠,小野努,吉澤秀和,生分解性高分子ミクロスフェアの粒径に及ぼす高分子分散安定剤の化学構造の影響,化学工学会第72年会講演要旨集,A309,京都 (2007)
  • 松本康夫,小野努,吉澤秀和,立体選択的相分離法によるポリ乳酸系単分散微粒子の調製に及ぼす溶媒蒸発速度の影響,化学工学会第72年会講演要旨集,A313,京都 (2007)
  • 米村慧,神尾英治,小野努,吉澤秀和,界面吸着平衡に着目した架橋メラミンマイクロカプセル膜形成機構に関する定量的検討,化学工学会第72年会講演要旨集,A317,京都 (2007)
  • 清家雄,神尾英治,小野努,吉澤秀和,マイクロリアクターを利用した硝酸銀水溶液によるDHA-Etの抽出,化学工学会第72年会講演要旨集,V304,京都 (2007)

高分子材料のための俯瞰的シンポジウム@東京

  • 六雄伸吾, 堀野裕貴, 岸田晶夫, 木村剛, 小野努, 吉澤秀和, 分子間相互作用を発現する超高圧印加プロセス, 化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム23, 東京 (2007)
  • 久野優子, 小野努, 北村吉朗, 吉澤秀和, 転相温度乳化法によるナノ重合反応場の構築, 化学工学会材料・界面部会主催 高分子材料のための俯瞰的シンポジウム10, 東京 (2007)

このページの先頭へ